企業情報 / 沿革

明治33年6月(1900年) 住友本店臨時建築部設置
昭和8年5月(1933年) 長谷部鋭吉、竹腰健造両氏が住友合資会社の援助をもとに独立して、長谷部・竹腰建築事務所を創立。
昭和20年12月(1945年) 日本建設産業株式会社と社名変更され、住友販売店全部を併合して、新たに商事部門を増置
(現在の住友商事株式会社の前身)
昭和25年7月1日(1950年) 同社建築部は分離独立して、日建設計工務株式会社を設立。
昭和31年5月(1956年) 株式会社日建設計工務北海道事務所設立。
昭和45年7月1日(1970年) 社名を株式会社日建設計と改称。
北海道日建設計工務㈱を株式会社北海道日建設計に改称。
同年 株式会社日建ハウジングシステム設立。
平成6年(1994年) 株式会社日建スペースデザイン設立。
平成12年7月1日(2000年) 創業100周年
平成13年(2001年) 株式会社日建設計シビル設立。
日建設計マネジメント・ソリューションズ株式会社設立。
平成14年(2002年) 株式会社ビルディング・パフォーマンス・コンサルティング設立。
平成16年(2004年) 全社一元化・部門制に組織改革。
平成17年(2005年) 日建設計コンストラクション・マネジメント会社設立。
平成18年(2006年) 日建設計総合研究所設立。
平成22年7月1日(2010年) 創業110周年

1904 大阪府立図書館
⇒歴史コンテンツ
「日建設計115年の生命誌」へ