レポート

ヤマハ銀座ビル
 銀座の町と「響きあう」建築を

▲複数のレイヤーを重ねたファサードの構成。| The facade is a structure of multiple layers.

世界のブランドショップがデザインにしのぎを削る銀座において、真の意味でのデザインの差別化を図るには、ブランドや企業イメージの本質を理解し表現することが重要であると考えました。ヤマハの関係者の皆様とも協議を重ね、デザインの基本テーマを「音・音楽を感じさせる建築」と「伝統と革新の融合」としました。
木製楽器をイメージさせる内部空間やホールに対して、ファサードには、金管楽器をイメージさせる新開発の金箔合わせガラスを採用しています。濃淡の異なる金箔合わせガラスを斜め格子のパターンにランダムに配置し、印象派の絵画を思わせる音のきらめきやゆらぎ、時の変様や移ろいなど、「音楽的なもの」を表現するように試みています。
建物は、さまざまな音の施設のスーパーコンプレックスであり、中央通りに開かれた3つの吹き抜けを中心としたダイナミックな複合的空間構成としています。この吹き抜け空間を介して、街路の賑わいが内部に取り込まれ、内部のアクティビティが街に表出して、銀座の街と響きあう建築を目指しました。

茅野秀真|日建設計 執行役員|白井大之・鈴木健悦|日建設計 設計部門

A Building to Resonate in the Ginza

In attempting to create a design that would truly stand out in Ginza, where the competition for design supremacy is cutthroat among the shops of world fashion brands, we knew we had to understand and express the essence of Yamaha’s brand and corporate image. After consulting closely with Yamaha representatives, we set our basic themes: “a building that exudes the feel of sound and music” and “the union of tradition and innovation.” In contrast to the interior space, designed to convey the image of a woodwind instrument, the facade uses newly developed gold-leaf laminated glass to evoke the image of a brass instrument. The design projects a musical feel by using the differently tinted sheets of gold-leaf laminated glass scattered in a random pattern over the diagonal grid to express a sparkling, shifting sense of sound reminiscent of an Impressionist painting, a sense of constant change and transformation. The building is a super-complex of facilities for all kinds of sound-related activities, with a dynamic composite space centered on three atriums facing the street. With a scheme that, through these atrium spaces, brings in from outside the color and bustle of the city while showing to the outside something of the activities going on within, we sought a building that would resonate in the streets of Ginza Hozuma Chino | Executive Director, Nikken Sekkei Hiroyuki Shirai / Takeyoshi Suzuki | Design Division, Nikken Sekkei

ヤマハ銀座ビル
建築主 ヤマハ ヤマハミュージック東京
設計 日建設計
所在地 東京都中央区
敷地面積 635.43m2
延べ面積 7,582.99m2
階数 地下3階、地上13階、塔屋1階
構造 鉄骨鉄筋コンクリート造、一部鉄筋コンクリート造、鉄骨造
竣工 2010年2月

YAMAHA GINZA
Client Yamaha Corporation & Yamaha Music Tokyo
Architects Nikken Sekkei Ltd.
Location Chuo-ku, Tokyo
Site area 635.43m2
Total floor area 7,582.99m2
Floors 3 basement; 13 above ground; 1 penthouse
Structure Steel-framed reinforced concrete, reinforced concrete, steel
Completion February 2010

*出典は-「NIKKEN JOURNAL 03/2010 Summer」より-こちら(PDF2.55MB)

¶:写真撮影 Photography|Ken'ichi Suzuki (below)

(O-F-002-03)

関連コンテンツ

お問い合わせ

作品

  1. 都市アイコン ( 31 )
  2. コーポレートの顔づくり ( 96 )
  3. 集住体のこれから ( 33 )
  4. 旅のホスピタリティ ( 9 )
  5. シティのしつらえ ( 18 )
  6. エンターテインメントの現在形 ( 9 )
    1. WORKS l 2010-III
    2. 神保町シアタービル
       神保町らしい劇場の復活(クライアントに聞く)
    3. 神保町シアタービル
       都市的建築設計の醍醐味(建物を見て)
    4. 神保町シアタービル
       芝居小屋からつかんだヒント(設計者は語る)
    5. SPOTLIGHT
       ヤマハ銀座ビル
    6. ヤマハ銀座ビル
       ヤマハの音・音楽を凝縮した情報発信拠点(クライアントに聞く)
    7. ヤマハ銀座ビル艶やかさとクールさを散りばめた華麗な壁面表現(建築を見て)
    8. ヤマハ銀座ビル
       銀座の町と「響きあう」建築を
    9. 音を生かす・音が生きる 
       ヤマハ銀座ビルの音響設計より
  7. カルチャーの殿堂 ( 22 )
  8. スクールの進行形 ( 70 )
  9. イノベーションの最先端 ( 12 )
  10. ショッピングの活力 ( 11 )
  11. コンベンションの地平線 ( 1 )
  12. テーマパークという様式 ( 1 )
  13. ノーマライゼーションの現在 ( 21 )
  14. スポーツの器 ( 0 )
  15. ハブとなるもの ( 4 )
  16. ジャンクション ( 13 )
  17. 祈りと癒しの空間 ( 7 )
  18. ロジスティクスを支えるもの ( 3 )
  19. プラントのいろいろ ( 4 )
  20. ジオ・フロントへの挑戦 ( 0 )
  21. ジャパネスクの作法 ( 3 )
  22. アーバンデザインの近未来 ( 14 )
  23. インテリア空間のあれこれ(インテリア) ( 18 )
  24. アンビルトの系譜 ( 27 )
  25. シビルデザインの最前線 ( 7 )
  26. ノンジャンル ( 4 )

環境

構造

マネジメント

都市

海外

フェイス

書籍・展示・etc

月別アーカイブ

2017

2016

2015

2014

2013

2012

2011

  1. 2011年12月( 11 )
    1. 中之島フェスティバルタワー起工
    2. 「COLLECTION 2009」展
       日本経済新聞社 東京本社ビル
    3. 「COLLECTION 2009」展
       木材会館
    4. SPOTLIGHT
       ヤマハ銀座ビル
    5. ヤマハ銀座ビル
       ヤマハの音・音楽を凝縮した情報発信拠点(クライアントに聞く)
    6. ヤマハ銀座ビル艶やかさとクールさを散りばめた華麗な壁面表現(建築を見て)
    7. ヤマハ銀座ビル
       銀座の町と「響きあう」建築を
    8. 音を生かす・音が生きる 
       ヤマハ銀座ビルの音響設計より
    9. 「COLLECTION2009」展
       ポーラ銀座ビル
    10. 「COLLECTION 2009」展
       北京電視中心
    11. GPTW 「働きがいのある会社」 調査でベストカンパニーにランクイン
  2. 2011年11月( 14 )
  3. 2011年10月( 12 )
  4. 2011年9月( 11 )
  5. 2011年8月( 11 )
  6. 2011年7月( 12 )
  7. 2011年6月( 12 )
  8. 2011年5月( 13 )
  9. 2011年4月( 12 )
  10. 2011年3月( 11 )
  11. 2011年2月( 10 )
  12. 2011年1月( 11 )

2010

2009

2008