日建設計 115年の生命誌



来年2015年、日建設計は創業115年を迎えます。明治・大正・昭和・平成の時代の流れの中で、それぞれの時代の社会や人々と共に歩んできました。その過程は、世代を越えて、各時代の人々が必要とした価値を、「信頼と技術」により作り出そうとしてきた歴史でした。

現代へ繋がるその足跡を、これから12回に分けて連載配信することで紹介いたします。社会や企業は変化する状況の中で生き続ける「生命系」に喩えることができますが、変わり続ける社会と共に生きてきたこの生命系を「日建設計 115年の生命誌」として紹介するものです。

2014年1月から12回にわたって連載するコンテンツの構成は、現在(2014年1月)のところ以下の通りに考えています。




第1回配信 プロローグ

プロローグ 0-1 野口孫市(1869~1915)   日高胖(1875~1953)

第10回配信 「大いなるもの」から物語を紡ぎ出す

出典
0-1:『日本の建築[明治大正昭和]商都のデザイン』
0-2:『野口博士建築図集』
0-3:撮影:東出清彦
0-4:フリー百科事典「Wikipedia」、米軍撮影(1945)
0-5:『北浜五丁目十三番地まで』
0-6:撮影:村井 修
0-7:『Building Future Japan 1900-2000』
0-8a:撮影:川澄・小林研二写真事務所
0-8b:提供:渋谷ヒカリエ
0-9:提供:東京大学宇宙線研究所 神岡宇宙素粒子研究施設
0-10:撮影:東出清彦
0-12:撮影:新 良太