ニュース一覧 / ニュース・イベント

2017.09.22

第54回 NSRIフォーラム
山形県鶴岡市に世界一クリエイティブなサイエンスパークを-
~慶應鶴岡キャンパスの挑戦~

冨田 勝 氏(慶應義塾大学先端生命科学研究所 所長/慶應義塾大学 環境情報学部 教授)

山形県鶴岡市は世界有数のサイエンスベンチャー拠点となっています。その核となっているのが2001年に設立された慶應義塾大学先端生命科学研究所です。今回のゲスト冨田勝氏は、同研究所の初代所長として独創的な人材を育成し、鶴岡をバイオのシリコンバレーにすべくベンチャーの起業を牽引していらっしゃいました。知的産業で地方を活性化する、鶴岡にその成功例を作りたい。自然豊かな地方都市鶴岡を、世界的な学術文化都市にしたい。冨田氏の鶴岡での挑戦について、お話を伺います。



日 時  2017年10月19日(木)15:00~17:00             
会 場  NSRIホール
     (東京都千代田区飯田橋2-7-5明治安田生命飯田橋ビル2階)
定員  100名
参加費 無料

タイトルに「第54回NSRIフォーラム」とご記入の上、お名前、所属、連絡先電話番号を、
以下のメールアドレス・またはファックスまでお送りください。
          toshikei@nikken.jp
           03-5259-0180

※ 先着100名に達し次第、申し込みを終了させていただきます。

講師プロフィール

冨田 勝(とみた・まさる) 氏
慶應義塾大学先端生命科学研究所 所長/慶應義塾大学 環境情報学部 教授
1957 年東京生まれ。
慶應大学工学部卒業後、米カーネギーメロン大学に留学し、コンピュータ科学部で修士課程と博士課程修了。その後、カーネギーメロン大学助手、助教授、准教授、同大学自動翻訳研究所副所長 歴任。
1990 年より慶應義塾大学環境情報学部助教授、教授、学部長(2005 年~2007 年)歴任。現在、慶應義塾大学先端生命科学研究所所長。
米国 National Science Foundation 大統領奨励賞(1988)、日本IBM 科学賞(2002)、科学技術政策担当大臣賞(2004)、文部科学大臣表彰科学技術賞(2007)、International Society of Metabolomics 功労賞(2009)、福澤賞(2009)、大学発ベンチャー表彰特別賞(2014)、Thomson Reuters Highly Cited Researcher(2015)、Audi Innovation Award(2016)、国際メタボローム学会終身名誉フェローなどを受賞。
慶大発ベンチャー企業「ヒューマン・メタボローム・テクノロジーズ(株)」を創業し、2013 年東証マザーズ上場。人工クモ糸の「スパイバー(株)」技術顧問。唾液で癌診断の「(株)サリバテック社」技術顧問。
サイエンスアイ(NHK)、バンキシャ(日本テレビ)、NEWS23(TBS)、
朝日ニュースター(BS朝日)、日経プラス10(BSJAPAN)のコメンテータを務める。
取得学位:医学博士(分子生物学)、工学博士(電気工学)、Ph.D(情報科学)