東京スカイツリー
ホーム
日本語
英語
文字サイズ
文字サイズ 中
文字サイズ 中
文字サイズ 大
文字サイズ 大

構造技術の紹介

大樹のような、地盤とのつながり方

建物は、高くなるほど地震や強風時の揺れによって、基礎部分に大きな「引き抜き力」「押し込み力」がかかります。このタワーのように細長い場合には、特に大きな力がかかります。
そこで、基礎の杭を、節の付いた壁状のものにすることで摩擦抵抗を大きくして、これに抵抗しています。この節は、いわば「スパイクシューズの靴底」のようなものです。また、この壁杭を連続させ、放射状に地中に張り巡らせることで、「木の根」のように地盤と一体化することを意図しています。
また、地上に見えるタワーの鉄骨は、そのまま地下の杭に連続的に接続し、力をダイレクトに伝達しています。これを逆にいえば、「大地から生えてきた大樹のように建っている」ともいえるでしょう。

【 杭の概要図(地下からの見上げ)】

杭の概要図(地下からの見上げ)