吉野繁

フェロー役員
デザインフェロー 複合施設推進担当

1986年、早稲田大学修士課程を経て、日建設計に入社。専門は建築意匠設計。入社以来、特殊なプロジェクトを多く担当。最近では、「東京スカイツリー」(2012)の設計を担当した。未体験の強風、地震動、洪水に耐えなければならない東京スカイツリーの設計は、構造だけでなく、デザインにも設備にも多大な検討を要するものであり、知識・技術・経験を有するプロフェッショナルな集団・日建設計ならではの成果と認識している。どんなプロジェクトであっても、この日建設計の遺伝子をフルに活用して、世界中のクライアントにいい建物を提供したいと考えている。

吉野繁

主な実績