センチュリー豊田ビル

写真家:センターフォト

建築概要

建築主 東和不動産株式会社
所在地 名古屋市中村区名駅4-9-8
敷地面積 3,169.46m2
建築面積 2,037.19m2
延べ面積 35,601.56m2
構造 鉄骨造および鉄骨鉄筋コンクリート造
階数 地下3階、地上16階、塔屋2階
高さ GL+78.95m
駐車台数 132台
工期 2001年1月1日〜2002年12月31日
備考 COLL:

建築説明

名古屋都ホテルとして長年親しまれてきた敷地に、名古屋駅地区における事業の発展を目指して計画されたオフィスビルである。
24m×51.2mの柱のない整形な貸室空間と天井高さ2.8m、東西妻面の設備増強用バルコニーなどを備えており、21世紀の企業活動をサポートする高い機能性とフレキシビリティを実現した。南面外装にはライトシェルフとクライマー式震動ブラインドを備えたエアフローシステム、北面には複層ガラスを採用しており、ランニングコストの低減を図っている。また既存建物の地下外壁および底版を補強再利用しており、工期短縮と建設廃棄物削減による環境負荷低減にも配慮した。低層部にはミヤコ地下街と連絡するサンクンガーデンを中心として映画館、店舗が配置されており、名古屋駅前地区のにぎわいへの貢献を意図している。
お問い合わせ