岩国錦帯橋空港ターミナルビル 旅客ターミナルビル・貨物ターミナルビル

写真家:1−3カット:Kouji Okamoto (Techni Staff )、その他:西日本写房 片岡惣太郎

建築概要

建築主 岩国空港ビル株式会社
所在地 山口県岩国市旭町3-15-1
敷地面積 92,029.94m2
建築面積 3,980.82m2
延べ面積 3,642.23m2
構造 鉄骨造
階数 地上2階
高さ GL+12.22m
駐車台数 15台(隣接駐車場:607台)
工期 2011年11月〜2012年10月

建築説明

米海兵隊岩国航空基地の民間航空利用に関する日米合意を受けて、基地内に整備した岩国錦帯橋空港のターミナルビル。東京便1日4往復の運航で2012年12月に開港した。小さな駅のような、誰にとっても使いやすく、親しみのわく楽しい空港ターミナルを目指した。シンプル・コンパクトな「そらえき」をコンセプトに、ローコストでありながら、基本的な空港機能、旅客サービスは、主要空港と同等のレベルを備えている。建物中央部に光庭を設置したシンプルな平面構成により、内部空間を柔らかく分け、旅客にとっては一目で全体の構造がわかり、航空会社にとっては効率的な運用を可能にするものとした。駐機する航空機と、旅客ターミナルビルの中心軸を合せることで、旅客には飛行機が間近に見える楽しさも加えた。
お問い合わせ