三井住友銀行 名古屋ビル

写真家:エスエス名古屋

建築概要

建築主 住友信託銀行株式会社
三井不動産株式会社
所在地 名古屋市中区錦2-18-19
敷地面積 3,183.42m2
建築面積 2,511.18m2
延べ面積 29,392.56m2
構造 鉄骨鉄筋コンクリート造、
鉄骨コンクリート造および鉄骨造
階数 地下2階、地上16階、塔屋2階
高さ GL+74.7m
駐車台数 197台
工期 1999年3月〜2001年2月
備考 COLL:

建築説明

名古屋市のメインストリートである広小路通と錦通に面するオフィスビルである。2階に三井住友銀行名古屋支店、3階以上にテナントが入居し、1階はコーヒーショップをはじめとする商業系店舗が入居、広小路通の商業活動活性化にも貢献する計画としている。
敷地には、かつて住友銀行名古屋ビル(大正15年創建)が存在したが老朽化と耐震性能上の問題から、存続が困難となった。建替えにあたり、都市景観整備地区に調和する建物として、創建当時のデザインイメージを継承する方針とした。外装を花崗石張りとし、低層部は旧ビル以来親しまれたアーチ窓を連続させ、キーストーンを復活した。高層部は、低層部と一体感のあるデザインとし、建物全体を調和させた。
お問い合わせ