≪都市≫代表者メッセージ

快適な都市を創るため広く深く楽しめる人を求めます。

大松 敦 [おおまつ あつし]
取締役 常務執行役員
都市部門統括
1983年入社

プロフィール

チャレンジこそが私たちの使命

都市部門には、いろいろな種類の仕事があります。都市の将来像をえがく都市計画やマスタープラン、都市デザインやランドスケープデザイン、これらを現実化していく都市開発プロジェクト。加えてPM(プロジェクト・マネジメント)やCM(コンストラクション・マネジメント)、FM(ファシリティ・マネジメント)など、マネジメントをテーマとした仕事もどんどん増えています。扱うスケールも建築的スケールから数百ヘクタールもの都市スケールまで、プロジェクトの期間も2~3カ月のものから十数年かかるものまであります。一見すると、本当に種々雑多な業務を脈絡なく行っているように思えるかもしれません。しかし、根底には共通する狙いがあります。それは日建設計の職能領域を意識的に拡大することです。クライアントや社会の期待に応えて、優れた建築やパブリックスペースによって構成される快適で美しい都市を創り、それらが適切に使われるために必要なことであれば、建築の設計監理という伝統的職能を超えて、どんなことにでもチャレンジしていこうとすることがこの部門のミッションです。
都市や建築が大好きで、好奇心や探究心の旺盛な人は、きっと一緒にこのミッションを楽しんでもらえると思います。

懐の深いコミュニケーション力を

海外にも積極的に展開しています。中国や中近東、ロシアなど経済発展が著しく、都市や建築に関する最先端技術やデザインの導入が盛んな国々の仕事がこれまでは中心でしたが、今後は東南アジアやインドなど急速に都市化が進む国での仕事も増えるでしょう。公共交通を活かして環境を保全しながら行う都市開発計画や官民連携により公共の負担を抑えたパブリックスペースデザインなど、我々の計画力やデザイン力は多くの国で注目されています。グローバルに仕事をするためには、相手の国の文化や慣習などを十分に理解しながら日本の良さを織り込んで行く必要があります。世界中の人々と課題を共有し粘り強く解決方法を見つけ出せる、懐の深いコミュニケーション力が求められています。プロジェクトを通じて世界に仲間を増やし、彼らとともにチャレンジを続けることが大切です。こんなことに共感できる人達にも、たくさん集まってもらいたいと思っています。

海外の開発プロジェクトの一つ“Shanghai South BundFinancial Harbor”

海外の開発プロジェクトの一つ“Shanghai South Bund Financial Harbor”
中国・上海(2013年~)

東京ミッドタウン(2007年竣工)

東京ミッドタウン(2007年竣工)

建物周辺には既存の緑地をネットワークした「緑の地域軸」を設けている
撮影:川澄・小林研二写真事務所

share

当サイトでは、クッキー(Cookie)を使用しています。このウェブサイトを引き続き使用することにより、お客様はクッキーの使用に同意するものとします。Our policy.