NEWS

ガスプロムネフチ社が実施したサンクトペテルブルク・オフト岬のビジネス・公益拠点の国際建築コンペで優勝しました。

 2020年3月2日、日建設計は、ロシアの石油会社ガスプロムネフチが実施したサンクトペテルブルグのオフタ岬の開発に係る国際建築コンセプト競技コンペティションにて優勝しました。
「クリスタル船艇(Crystal Vessel)プロジェクト」と名付けられ本提案は、高さ28mの2棟からなる複合施設とネヴァ川を見渡す公園により構成されています。

サンクトペテルブルクは、歴史的な建築が数多く残るロシアの水都です。そのため、あらゆる建築プロジェクトは歴史および景観への細心の注意と責任が欠かせません。わたしたちの提案「クリスタル船艇」のコンセプトも、この街の歴史を尊重し、未来を見据えることに基本をおいています。そして、この場所が育んできた風土や海軍によりもたらされたロシアの発展の歴史との深いつながりを建築的に表現しようと試みています。さらに、世界に通用する建築を創造することでこの地域の開放性と親和性を高め、市民や観光客にとってアクセスしやすく魅力的な場所にしていきたいと考えました。
高さ28メートルの複合施設には、展示会場、会議室、レストラン、カフェ、スポーツセンター、医療センター、および多様な公共公益機能のためのスペースが設けられます。また、ガスプロムネフチ社のオフィスに加え、同社の技術開発と国際プロジェクトのための管理センターが整備される予定です。
そして、2つの建物をつなぐ屋外通路に設置される予定の屋外展望施設は、本施設の最も特徴的な空間となるでしょう。

オフタ岬先端のランドスケープは、サンクトペテルブルクの歴史的なランドマークとネヴァ川に敬意を払うように景観軸を設定しました。これにより敷地南東の交差点広場から、公園、ネヴァ川、スモルニー大聖堂とそれに隣接する公園まで、連続した景色が創り出されます。公共公益エリアとウォーターフロントの公園で、一日当たり最大1,000人が訪れることを想定しています。 

本コンペティションには、世界から7つの設計事務所が参加し、そのうちの4者が最終ステージに進みました。 

share

当サイトでは、クッキー(Cookie)を使用しています。このウェブサイトを引き続き使用することにより、お客様はクッキーの使用に同意するものとします。Our policy.