東京ミッドタウン日比谷

東京, 日本/商業施設

Scroll Down

にぎわいの核となるパブリックレルムとしての商業

日比谷を、日本を代表するビジネス、エンターテインメントのまちに進化させたミクストユースのまちづくり。広場や劇場をモチーフとしたアトリウムを賑わいの核として、新企画の店舗やレストラン、シネマ、屋上テラスなどを回遊性の高い動線でつなぎ、芸術文化・エンターテインメントの情報発信拠点を創出した。
多種多様なパブリックレルムに商業空間を位置づけて連携させることで、日比谷特有の体験が生まれ、まちの価値となっている。
建築主 三井不動産株式会社
所在地 東京都千代田区
敷地面積 10,702.32 m²
延べ面積 189,244.95 m²
建物高さ GL+191.46 m
竣工年 2018
備考 マスターデザインアーキテクト : ホプキンスアーキテクツ
都市計画・基本設計・デザイン監修 : 日建設計
実施設計・監理 : KAJIMA DESIGN

FOTOTECA

FOTOTECA

FOTOTECA

FOTOTECA

FOTOTECA

FOTOTECA

FOTOTECA

FOTOTECA

FOTOTECA

FOTOTECA

FOTOTECA

FOTOTECA

FOTOTECA

FOTOTECA

FOTOTECA

FOTOTECA

FOTOTECA

FOTOTECA

FOTOTECA

Loading

当サイトでは、クッキー(Cookie)を使用しています。このウェブサイトを引き続き使用することにより、お客様はクッキーの使用に同意するものとします。Our policy.