鳥井 信吾

鳥井 信吾

鳥井 信吾

執行役員
九州代表

1985年、北海道大学修士課程を経て、日建設計入社。専門は、構造設計。2019年まで構造設計グループに所属し、さいたま新都心の庁舎で極軟鋼制振壁を初採用、以降は日本生命丸の内ビル(日本鋼構造協会業績賞他多数)、東京ミッドタウン(CFT構造賞他多数)等、一工夫ある高層ビルを多く手掛けてきた。構造設計グループ代表を経て、2020年九州代表に就任。建築構造技術者協会や免振構造協会に所属し、都市防災や減災そして地域での活動を含めて多角的側面から社会貢献に積極的に取り組んでいる。

当サイトでは、クッキー(Cookie)を使用しています。このウェブサイトを引き続き使用することにより、お客様はクッキーの使用に同意するものとします。Our policy.