勝矢 武之

勝矢 武之

勝矢 武之

新領域開拓部門
NAD(Nikken Activity Design lab)
ダイレクター

京都大学大学院工学研究科建築学専攻 修了後、2000年に日建設計へ入社。「ルネ青山ビル(2003)」「桐朋学園大学アネックス(2004)」「乃村工藝社本社ビル(2008)」「木材会館(2009)」「港区白金の丘学園(2014)」「東亜道路工業本社ビル(2015)」「上智大学 SOPHIA TOWER(2017)」など幅広い分野の設計を担当。これまで手掛けてきたプロジェクトはMIPIM ASIAやWorld Architecture Festival などの国際的なコンテストにおいて、高い評価を得てきた。2016年、FCバルセロナのホームスタジアムである、カンプ・ノウスタジアム国際コンペで一等を獲得し話題に。一級建築士、日本建築学会会員、日本建築家協会会員。

当サイトでは、クッキー(Cookie)を使用しています。このウェブサイトを引き続き使用することにより、お客様はクッキーの使用に同意するものとします。Our policy.